ゴーストが最終話を迎えた

正直な話、アランが仲間になる手前辺りのフミ婆が死ぬまでは良かった
それ以降は下り坂って感じかな
ただ、ここら辺でアランを好きになったので
ストーリーもアランが中心って感じになってきたのに
これ以降のアランが戦闘で弱いままってのが気に入らないってのが
ゴーストを好きになれない理由かなって自分では思う
特に終盤、スペクターと共にやられていく場面が多く
不遇な扱いだったと感じた

でも良かった所はあるんすよ
フォームチェンジラッシュの所
マコト兄ちゃんと初共闘
タケルがグレイトフルに拘って、ジャイロに勝つ所
フォームが多いゴーストならではって感じで好きですね

ただ、やっぱりメインライターが本編の脚本を担当したのが
半分もなかったってのは、方向性が見えてこなく
ぐだぐだになったのが原因なのかなって思う
まぁこれについては、春夏冬映画、Vシネマ、アマゾンズ
と、製作体制が万全な状態でなかったのが問題なんじゃないかなって
本編にモロ影響出てるだけに製作体制見直した方いいと思う

次のエグゼイドもちょいと不安だけど、この時期はいつもそう思ってるから
慣れてくるんだろうな
スポンサーサイト
2016.09.28 Wed l 雑記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fiuashfsifgdhiu.blog136.fc2.com/tb.php/5848-6b4a14ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)